×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

関東ごみの山案内

実を申しますと、これはまじめな内容にするつもりです。つもりです。
つもりでーすっぅ。

 かつて訪れた岩茸石山(奥多摩 高水三山は足の踏み場もないほど空き缶が転がり、わずかな展望が得られ
る方向の崖下側の叢は、空き缶の捨て場とまごうほどであった。同じく
奥多摩六ツ石山も休憩の場所はどこも
かしこも空き缶かごみの焼き灰が散在していた。

 あれから幾清掃星霜経ったろうか、久しぶりに訪れた山頂はあのころの面影はまったくない。なくて幸い。

  番付けは逆にしております。

関東山歩き案内へ戻る

 鹿野山トンネルの下 房総丘陵
    鹿野山林道
の途中に鹿野山トンネルがあります。そのトンネルの西側に天神堀の滝を案内する
標識があって谷を下ります、谷の岩が見えないほどに古タイヤがあります。下っても下っても。
      3 でも鹿野山の麓の古タイヤを紹介していますが、同じ箇所ではありません。

8 峰山駐車場 房総丘陵
      
房総スカイラインの途中に峰山駐車場があります。その駐車場のフェンスの外側には投げ込まれた
ゴミが多数散乱しています。もう長くお掃除していないみたいだし、ダメな子が多いのね。

7 石尊山 房総丘陵
      
七里川温泉から細い急傾斜の道路を進みます。この傾斜が緩むと右手に囲われた空き地が有りま
す。東屋も有りますが、資材置き場のようで、周辺の道路やその敷地内にもゴミが散乱しています。私有地内
(外とも)とはいえ、目に入ります。ここを右に曲がって、休耕している畑地が電気網で囲われていますが、ここ
も不要不急の雑物が散乱して、だらし無い気分になります。石尊山の主要な登山道なのにぃ。
 

6 大福山 房総丘陵
      
上総大久保駅からヤマケイ分県ガイドを手に大福山を目指します。
      
上総大久保駅から市原市テクテクマップの大福山Aコースを目指します。白鳥小学校の十字路から北
へ少し進んだところから左手の山道に案内されて入ります。なかなか険しい。左右が山の抉れた道を急登する。
やっと平らになって、ほっと一息すると、廃車が遺棄されている。どうやってここに車を運んだのだろうと進むと径
は拡がり、別の林道
月崎駅Aコースと紹介されていた道に出る。ぬうーーぅ。

5 関東ふれあいの道 千葉県23滝のあるみち 房総丘陵
     
香木原かぎはらバス停から林道を進みます。次第に緑におおわれた山並みが広がってきます。物音に
注意して目を凝らせば、野生のニホンザルが探せます。1キロほどで、上空に送電線が見えます。道路の脇に
は廃車が二台見えます。目を凝らせなくても。道路の路肩が丸太で柵をしているところを覗くと、例外なくゴミが
遺棄されてます。

4 養老渓谷 林道戸面蔵玉線 房総丘陵
    素晴らしい紅葉が、緩やかな尾根筋で味わえる。行き交う車両は少ない。なんていい道だろう。尾根から
眺める山々の重なりが緑と紅葉で素晴らしい。ここで針金が道路の崖際に無きゃもっと気分がいいだろうに。で
もあっても無くっても一緒さ。道路から大量のゴミが崖に捨てられているのを警告板と杭に張り巡らした針金で防
いでいるだけなんだから。足元を見下ろしたらどこの痩せ尾根も一緒さ。なんて程度の低い奴らが多いんだろう
ね。ビニル袋に封された空き缶類なんてのもある。みるだけでやになっちゃう。 

3 鹿野山 石射太郎(山) 465号旧道 房総丘陵
    マザー牧場
から鹿野山林道はくだって、国道465号苗割付近に出ます。苗割付近からマザー牧場
向かって進む時、国道の東側に都合二箇所、「
ふれあいの道」の道標を見ます。鹿野山石射太郎(山)を結ん
でいる道なのですが、北側の標識から東に細い道路に入ります。この付近は国道の旧道です。少し進むと直進
する道は
鹿野山林道ですが、右にガードレールに通行止めされた旧道が分岐しています。この旧道はもう廃道
状態で左右から草が舗装面を覆い、とりわけ左の山の崖からは山崩れが進んでいます。右手東南は川筋の崖
でかなり下に川面があるはずですが、草木に阻まれてその斜面も見えません。見えないことをいいことに大量の
廃タイヤとついでにゴミが相当量捨てられています。かなり悪質です。強風下の屁は許せるけど、がけ下の川筋
の古タイヤは相当悪質です。

2 高宕山 高宕大滝、しらとりずいどう 房総丘陵
   
1 高宕大滝 怒田沢林道を進むと林道の三叉路に出る。右は高宕林道、車両は通行止め。左は未舗装
道路林道高宕支線、高宕大滝の案内看板を過ぎると橋で川の左岸に。その先にベンチテーブルがあって休憩
できる。小さなバリケードが置いてあり車両通行止めながら道路は続いている。休憩ベンチからは遠い山側の
叢に一塊のゴミ。ハイカーなら10人以上の分だ。これは車で来た人が運転席又は助手席から容易に捨てた感
じがした。とても「ちょっと回収」というわけにはいかない量だった。高宕山への登り口がありますが、30メートル
ほども南側です。
   2 
しらとりずいどう 北側の入口手前を西に未舗装道路を入ると左手に、電気製品を中心としたゴミの山
がある。クーラー、テレビ、クリーナー、、、。この先のポンプ小屋の所で左手の林の中から三郡山・高宕山間の
径に至ります。

28 関東ふれあいの道 滝のあるみち 
もとい 廃車ゴミのある道

1 高宕山 石射太郎 房総丘陵
 
  高宕山への入山は石射太郎(山)側の高宕第一トンネルの手前右手から。立派なトンネル入口には簡単な
バリケードがされている。そのトンネルの左手にささやかながらゴミが捨てある。食べ物の包みの袋が中心だ。
林道はその後も続いていてトンネルを又抜けて、枝沢筋で林道が左にカーブするところ、右手の沢筋の平地の
やや奥に、二台の乗用車が遺棄されている。

関東山歩き案内へ戻る

 房総丘陵以外の地域のゴミの山は削除しましたので、あしからず。